この記事では、「パパ活を始めたい女子」のためのパパ活の注意点やよくあるトラブルをご紹介します。

パパ活は賢い女子なら誰でも簡単に稼ぐことができますが、一歩間違えるとトラブルに巻き込まれてしまうことも。残念ながらパパ活によるセクハラや金銭的トラブルは実際に起こっています。そうならないためにパパ活での注意点や、実際にあったトラブル、危険を回避するための方法をご紹介します。

注意点をしっかり理解していれば、楽しくパパ活で稼ぐことができます。危険な思いや怖い思いをしないためにも、きちんと覚えておきましょうね!

人気:初心者必見!パパ活アプリおすすめ11選|サクッと10万円稼いじゃおう

パパ活で絶対に気をつけてほしいこと!

私は、シュガーダディを使ってパパ活をしています!私が、パパ活を始めたのは2年前で、将来が不安でお金を貯めたい思ったことがきっかけではじめました。

いろんなパパにも会ってきたし、怖い経験もしてきたからこそ、いまからパパ活をはじめたい女の子に「気をつけてほしいこと」をまとめます。

経済的に余裕のあるパパは、いい人ばかりだし、体の関係なしでも楽しくデートすれば1回で3万円とかくれるから、これから説明する3つの注意点だけチェックしておいてね!

注意点① SNSでは絶対募集しないこと

結構やっている女の子多いけど、Twitterとかでのパパ活募集は絶対ダメです!まず、太パパはいないし、トラブルの危険性が高くなるだけなので。パパ活専用のサイトなら、身分証明とか収入証明もしてくれているので安心できるし、経済的に余裕のあるパパがわざわざSNSで女の子を探すことはないです。SNSの詐欺パパが多すぎるので、ちゃんとお小遣いがほしい私ならやりません。

注意点② 自宅の場所は絶対に話さないこと

2回、3回とパパとのデートが続いて仲良くなると自分の家の場所とか、最寄り駅とか話してしまう子が多いけど、本当に危ないからやめたほうがいいです。プライベートがバレると危ないのは誰でもわかると思いますが、パパが近くまで来てしまうと、友達や知り合いに見られるパターンが結構怖いです。

注意点③ お手当は最初にもらうこと

パパ活の基本ですが、どれだけ仲良くなってもお手当は最初にもらいましょう!もし言いにくければ、前日の連絡のやりとりで「先にお手当ちょうだいね?」とお願いしましょう。これもハードルが高い方は、「プロフィールにはっきり書く」ようにしましょう。もちろん専用サイト出ないと記載ができないので、注意してくださいね。

パパ活のリスクを正しく理解しよう

パパ活は会社やお店に所属することなく、個人で自由に行えます。アルバイトとは違い、自分の都合の良いときにパパに会って、自分の欲しい金額をもらうことができるので、お金の自由を手に入れられます。

しかし手軽に稼げる分、トラブルが起きたときは自己責任になるのがデメリット。パパ活をしていてセクハラを受けたり、金銭的トラブルが発生することは無いと言い切れません。お金に困っているときなど、判断力が鈍っていると詐欺に騙されてしまうことも多くなります。

周りにバレたくないからと、トラブルが発生しても警察に相談できず泣き寝入りしてしまう女性もいますが、とても悔しいし、辛い思いが一生残ってしまいます。

しかし、パパ活を安全に行えばトラブルに巻き込まれるリスクを減らすことです。
危険なパパには近づかない、個人情報の管理、怪しいと思ったら避けるなど、リスク管理が重要です。
金額や好条件だけでパパを判断するのではなく、メッセージのやり取りや言動にも注意を払いましょう。

せっかくはじめたパパ活なのに怖い思いをしたくありませんよね。できるだけ安全に、安心できるパパと良い関係が築くためにも、パパ活のリスクを知っておくことは大切です。

パパ活おすすめアプリ」についてはこちらにまとめています。

パパ活の注意点とは

ここらからは、パパ活の注意点、よくあるトラブルをご紹介していきます。メッセージでのやりとりや、顔合わせなど、パパを探すところから実際に会う時の注意点、お手当(お金)をもらう際の注意点も合わせて見ていきましょう!

  • メッセージ編
  • 顔合わせ編
  • お手当編
  • SNS編

メッセージ編

顔合わせ前のメッセージのやりとりは、太パパを探すきっかけになります。できる限り、優しいパパに出会えるように、メッセージのやりとりに注意していく必要があります。

すぐに連絡先を聞いてくるパパには注意!

メッセージのやり取りをして間もないのに、すぐに連絡先を聞いてくる男性は「とにかく早く会いたい」と余裕がないことが多く、体目的の場合が多いです。出会い系サイトではほとんどの場合、男性がメッセージをやり取りする際に課金が必要になります。
メッセージ代を払いたくないために、すぐにLINEやカカオトークなどの連絡先聞くことがあります。このような男性はお金に余裕がないので、お手当もケチったり期待できないことがほとんどです。メッセージのなかで、「お仕事」や「時間やお金の使い方」を聞き、太パパかどうかをチェックするようにしましょう。

【太パパとは】
パパ活に多額のお金を使うことができる余裕のある男性のことです。月に数十万円を払える太パパもいます。パパ活女子のなかでも定期的に会ってくれる「定期の太パパ」を見つけことが目標です。

必要以上に写真を送らないこと!

プロフィール写真をきちんと公開しているのにもかかわらず、会う前から必要以上に写真を求めてくる男性には注意しましょう。別のサイトで無断アップロードされるなどトラブルの危険があります。あまりにしつこい場合は運営に通報し、連絡を取るのをやめましょう。

【パパ活注意点】
パパに興味を持ってほしい気持ちは分かりますが、会う前からむやみにプライベートな写真を送ることはおすすめしません。パパ活で癒しを求めるパパ達は、相手の写真を無理に要求してくることはありませんが、あまりにも情報が掲載されていない女の子には連絡してくることがないため、バランスをはかることが大切です。

禁止ワードに注意!

出会い系サイトでは、パパ活が売春へ繋がる行為だとして禁止されていることがあります。何も知らないまま、「お小遣い」「支援」「1万」「条件あり」など禁止ワードを使い続けると強制退会(垢BAN)させられてしまうので注意しましょう。

【パパ活注意点】
出会い系サイトでうまくパパ活をするためには、サイト内ではパパ活を目的としているとだけ伝え、理解してもらえた相手だけをLINEやカカオトークに移動し、具体的なお小遣いや支援の内容を交渉することがベストです。

違和感を感じたら会わないこと!

メッセージをやり取りしていて、イメージや条件が違ったり、威圧的だったり、気持ち悪いなど少しでも違和感を感じたら会うのをやめましょう。

会ってみたら良い人かも?ということはほとんどないと思っておきましょう。

【パパ活注意点】
ただでさえメッセージなどの文章は、相手の意図や気持ちが見えず不安になるものです。良いパパはそのことを分かっているので、女性を安心させるように努めているはずです。他に良いパパはたくさんいるので、変な男性に時間を割かないようにしましょう。

顔合わせ編

顔合わせ時がもっともトラブルが発生することがあります。特に、お手当は必ず顔合わせの際にもらうようにしてくださいね。ほとんどのお金トラブルが、顔合わせ時にお手当をもらわずに、後払いにしてしまったことが原因になっています。

「デートの前にお手当、いい?♡」「先にちょうだい♡」と甘えるようにパパからもらうようにしましょう。パパも初めは緊張しているので、見栄を張っているので、このタイミングがベストです。

2人きりにならない(カラオケなどの密室空間)

男性と2人きりになる場所で会うのは危険がたくさん。特に最初の信頼できないうちに、個室やカラオケなどの密室、車、自宅に行くことは避けましょう。何もしないと言ってもパパは男性です。体格差もあるので、2人きりで何かあっても抵抗することは難しいでしょう。

【パパ活注意点】
初めて会うときはできるだけ人の多い場所にしましょう。また、待ち合わせするときは事前に約束したお店に現地集合することをおすすめします。外で待ち合わせしてから、行く場所を決めるとパパのペースでどこかに連れていかれてしまうことがあるからです。信頼できるパパは顔合わせで警戒していることを理解してくれるので無理に2人きりになることを強要したりしません。

できるだけ自宅から離れた場所で会う

パパ活が周りにバレたくない人は、自宅や職場、学校から離れた場所で会いましょう。
パパと並んでいる姿を知らないところで見られていて、トラブルの原因になることがあります。交通費については、はじめからパパにもらえるようにお願いしておきましょう。このとき、自分が住んでいる地域がバレないように気をつけてください。

【パパ活注意点】
顔合わせで信頼関係が築けていないうちは、ストーカーなどのリスクを防ぐためにも自分の生活圏内で会わない方が安全です。

お手当編

お手当の話は、慎重にいく必要があります。特にパパからお手当の提案がある場合は、嘘のこともありますので気をつけましょう。太パパたちは、初めから調子よくお金の話はしません。太パパ達は女の子が、「どんな子なのか」を重視しています。いきなり高額払うという気前の良すぎるパパは、必ず先払いにすることをお願いして、顔合わせ当日に「あとでコンビニでおろして払う」や「あとで払うから」という場合には、その日はキャンセルするようにしましょう。そのくらい、お手当には慎重になる必要があります。

いきなり高額を提示するパパは注意

会う前からいきなり「10万払う」「毎月50万でどう?」と高額を提示してくる男性は要注意です。自分に興味を持ってもらうためや、体目的で高額支払うと惹きつけて女性に会おうとします。この場合、実際は払ってもらえないことがほとんどです。本当に、見ず知らずの、まだ会ったこともない女の子に高額支払うことができるのでしょうか。と疑問になりますよね。

【パパ活注意点】
高額の報酬を提示するパパに、飛びつきたくなる気持ちは分かりますが、はじめからそんなおいしい話は滅多にありません。反対に警戒するべきです。いきなり高額すぎるお手当てを払うという男性には注意しましょう。

後払いしようとするパパに注意

パパ活でのお手当ては基本的にその場で毎回手渡しです。何度も会っていて、長くお付き合いできるパパであれば銀行振り込みや月にまとめて支払うということもあるでしょう。しかし、初回から「お手当ては次会った時ね」「銀行口座に振り込むよ」「月末まとめて払う」などとお手当てを後払いする男性は、今後も支払うことはありません。

あなたはパパとの約束を守って、時間をつくり身支度をしてデートをしていますよね?
そんなあなたへの対価を支払わず、はじめから約束を破るような人は信用してはいけません。

【パパ活注意点】
良いパパは信頼関係を築くために1回目の大切さをよく知っています。「お手当を下さい」とは言いづらいでしょうが、出し渋ったときはきちんと伝えます。相手がキレたり、トラブルになりそうだと思ったらその1回は諦めて2度と会わないようにしましょう。

SNS編

一時的に流行っていましたが、SNSでのパパ活には細心の注意が必要です。パパ活専用サイトや専用アプリもありますが、SNSでパパを探すこともいまだに需要はあります。SNSでパパを探す場合の注意点もチェックしていきましょう!

Twitterやinstagramでパパを募集しない

パパ活専用サイトや出会い系サイトからではなく、直接SNSで募集するのは危険です。相手がどんな人か、本当にきちんとした人か信じることができないからです。名前や年齢、アイコンなど本人ではない可能性があります。

パパ活専用サイトでは、年齢確認や本人確認が義務づけられているので安心です。SNSだと、何かトラブルがあったときも仲介役がいないため、すべて自己責任になります。

【パパ活注意点】
高収入のパパは忙しいので、いちいちSNSで女性探しをすることはありません。
トラブルを回避するために、高額な利用料金を支払ってでも安全性の高いサイトを利用するのです。そのため、評判の高いパパ活専用サイトには太パパが集まっているといえます。

個人情報の管理に気を付ける

社会的地位の高いパパや芸能人のパパと会ったり、高級なお店に行ったりすると、自慢したいと思うかもしれませんが、パパと話した内容をSNSで公開したり、写真をアップロードすることは避けましょう。いつもの友達との感覚でやってしまいがちですが、パパは社会人で大人です。パパ活を表にしたくないパパもいますし、会話で知ったことは社外秘や知られたくない内容かもしれません。

【パパ活注意点】
パパもあなたを信頼して会って話をしています。個人情報を守れない女性は、太パパからは避けられるので注意しましょう。反対に、パパに自分のSNSを知られると、名前や住所を特定されてしまうことがあるのでそちらにも気を付けましょう。

仲介業者に注意

SNSでパパ活をしていると「うちのサ―ビスを利用すれば良いパパとマッチングさせます」などの勧誘が来ます。既に有名で実績のあるサービスであれば問題ありませんが、聞いたことのない、名前を検索しても出てこないようなサービスには注意しましょう。

「お手当て30万以上のパパを必ず紹介するので来てください」などと好条件を提示してくることがありますが、実際に待ち合わせ場所に行くと、風俗に勧誘されたり詐欺などのトラブルに合うことがあります。何時間も帰してもらえず、最終的に折れて風俗の体験入店をしてしまったという女性も。

【パパ活注意点】
実績のないマッチングサービスには要注意。甘い誘惑には乗らないようにしましょう。

注意!パパ活で本当にあったトラブル

個人情報がバレて脅迫された(24歳/会社員)

お互いを信頼するために保険証のコピーを交換しようと言われて交換。
彼氏ができてパパとの契約を解消しようとすると「家族にばらす」「自宅まで行く」「会社に連絡する」などと脅迫されました。
パパのほうの保険証は偽物だったので抵抗できず。結局今も関係は続いています…。

免許証や保険証など個人情報は絶対に渡してはいけません。優良パパ活アプリでは、男性側からの免許証や所得証明の提出をさせているので、もしトラブルがあった場合には運営者に連絡することで、パパの身元はわかります。しかし、立場の弱い女性側の個人情報を渡してしまうと、個人間トラブルが発生し、運営者が対応しきれない場合もあるのでちゅういしてください。

酔っ払って別人に(21歳/大学生)

メッセージのやり取りは丁寧で、実際顔合わせでお茶をするとても紳士的。
安心できる人だと思って2回目に食事デートをしたのですが、食事がすすみお酒に酔っぱらうと口調も荒くなり別人に。
ボディタッチが増えてきて、なんだか怪しいと思っていたのですが、2軒目のカラオケについた途端、突然キスされ押し倒されてしました。
そのまま逃げて帰ったので無事でしたが、本当に怖かったです。
お酒を飲まなければ普通にいい人だったので、変な人だとは気づきませんでした。

パパ活はアプリでのやりとりや、食事中はやさしくい紳士的な方でも、お酒を飲むと勢いで無理やり…ということも、よくあるトラブルです。お酒を飲む場面でも、できる限り他のお客さんがいるお店を選び、トラブルの際には店員さんに助けを求められる環境を作ったり、密室になってしまうカラオケやホテルには少しの休憩でも、初めは行かないようにしましょう。

シャワーへ行った隙に逃げられた(25歳/フリーター)

初めてのパパと体ありの関係で契約し、ホテルへ。
行為のあとシャワーを浴びて出ると、パパが消えていました。
やり逃げされた上にお手当てをもらえず、ホテル代まで支払うハメになりました。

これは、一番悔しいし、腹がたつし、辛いトラブルですよね。パパ活では、必ず顔合わせのタイミングで、お手当をもらうようにしましょう。そこで、現金でもらえなければ、その日はキャンセルした方が無難です。事前のやりとりで前渡しを約束していたとしても、会う直前にもう一度確認したり、最初のタイミングで「もらっていい?♡」と甘えることで男性から渡しやすい雰囲気を作ってあげることも大切です。

パパ活をしていて危険を感じたら

パパ活をしていて、メッセージに違和感を感じたりやり取りを不安に思ったらそれ以上連絡することはやめましょう。
ストーカーに繋がる内容や卑猥なメッセージを受け取ったら、すぐに運営に通報してブロックします。

実際に会ってセクハラ行為をされたり、危険な目にあったら警察に、金銭的なトラブルは国民生活センターにきちんと相談しましょう。
何かあってからは遅いのです。少しでも不安を感じたら相談してみましょう。

また今は「地雷パパ」がSNSで公開されていることがあります。
メッセージのやり取りが怪しい、これから会うときに不安というときは1度検索してみるのも良いかもしれませんね。

パパに恋愛感情を持ってしまわれたら

実は疑似恋愛や恋愛感情をダシにしてパパ活を行うと短命で終わることがほとんどです。

恋愛対象になってしまうと、パパはあなたと恋人になることや体で結ばれることを望み、お金の関係でなく愛してもらうことを目的とします。
しかし、あなたはデートをする対価としてお金を払ってもらう1つのビジネスとしてパパ活を行っていますよね?
この目的の相違から最終的にトラブルになってしまうことが多いんです。
お手当を渋ったり、深い関係を望んだり、嫉妬などだんだん重たくなってきます。

パパに気があるフリをしてパパ活を行う方が反応も良く簡単です。
しかしあなたに恋愛感情が無い限り、長続きすることはありませんしトラブルの元になります。

パパ活はあなたの夢を応援したり、食事やデートの対価として金銭的援助をするものです。
パパの目的が金銭的援助ではなく、恋愛モードに切り替わってきたら早めに離れることをおすすめします。

まとめ:パパ活を安全に行うためには

パパ活を安全に行うために、自分の身を守るための対策は日頃からしっかり行っておきましょう。
また実際にあったトラブルやトラブルになってしまったときの対処法について知っておくことも重要です。

そしてパパ活をするときは運営やセキュリティーがしっかりしている、安全なパパ活専用サイトを利用しましょう。
信頼できない出会い系サイトで良いパパに出会える可能性は極めて低いです。
パパ活専用サイトでは、きちんと本人証明や所得証明を提出しているので安心です。
TwitterなどSNSで直接パパを募集してしまうと、身元が分からないので大変危険です。

パパと実際にお付き合いが始まってからも、2人きりになる場所出会うことは避けましょう。
普段良いパパでも、密室やお酒が入ったりすると変わってしまう可能性があります。

パパ活で危険な思いをしないために、一定の距離を保ったり、リスクについて把握しておくことは大切です。